ダイバーシティ

一人ひとりの持ち味を活かし、多様な人材が活き活きと活躍できる風土の醸成を進めています。

【基本的な考え方】積水化学グループのダイバーシティマネジメント

積水化学グループでは2015年度よりダイバーシティ経営をスタートしました。「ダイバーシティマネジメント方針」を定めました。

ダイバーシティマネジメント方針

「100年経っても存在感のある企業グループ」の実現のためには多様性が不可欠である、との認識に立ち、従業員一人ひとりの「仕事・生活両面における志向」や「持ち味」が異なることを理解し、認め、積極的に活かす。
その組織風土創りに向け、雇用や活躍機会の提供、成長を支援する様々な環境整備を、従業員との対話を通じて図り続ける。

具体的な取り組みとして、まず最も身近なテーマである女性活躍推進にフォーカスし、ダイバーシティ経営を行っていきます。

【女性活躍推進】ダイバーシティマネジメントのファーストステップとして

これまで「女性が活き活きと働き続けられる」企業であるために、さまざまな取り組みを続けてきた結果、女性採用比率向上と定着率の大幅な改善、そして女性管理職数が拡大しました。

2015年度は、本年度からスタートしたダイバーシティ経営の中で、女性活躍推進をダイバーシティマネジメントのファーストステップとして、メイン施策に据えました。

グループ全体で真に「女性が活躍できる組織」を目指し、キャリア採用を含む女性採用比率と女性基幹職数についての具体的な数値目標を定めました。

ダイバーシティマネジメントと女性活躍推進について理解を深めるため、国内積水化学グループの全経営層約200人を対象とした研鑽会とライン部課長約1,900人を対象とした研鑽会を実施しました。

また、女性係長とその上司の双方を対象とした研修を実施しました。

女性参加者は基幹職になるための意識を醸成し、管理職として必要なスキルや仕事の仕方を学び、参加者の成長課題や経験を共有し、互いに意見を出し合うことでより深い理解を得ました。

女性参加者の上司は、女性管理職候補の育成全般を学ぶと同時に、部下の成長領域に基づく効果的な育成方法を学びました。

【若手女性従業員への活躍支援】上司層向けセミナーの開催

若手女性従業員の定着率向上、活躍支援として、育成支援担当者を対象にした「新人女性配属前研修」と、上司層を対象とした「女性部下マネジメント研修」を開催し、これまでに延べ526人が受講しました。

女性部下マネジメント研修では、上司層が若手女性の育成に重要な指導方法を身に付けるため、ロールプレイを通じて具体的に学びました。

セミナー終了後も学んだ内容を業務の中で実践し、実践中の気づきや課題を研修事務局に報告するなど研修効果の継続を図っています。

【キャリア入社者への活躍支援】知識・経験・価値観を活かして活躍する土台作り

キャリア入社者が多様な職歴の中で培ってきた知識・経験・価値観を活かして活躍できるよう、支援をしています。

積水化学では、2015年度は、全社統一の仕組みとして、年間を通して随時入社するキャリア入社者に向けた、入社時のガイダンスや受け入れ体制を整備し、「キャリア入社者フォロー研修」をスタートしました。

研修では、積水化学グループの歴史、中期経営計画やCSR経営など、積水化学グループの一員として必須となる知識を伝えるともに、業務の中での積極的な意見の発信を促しています。

2016年度以降も継続して、キャリア入社者が入社後すぐに能力を発揮できるよう支援していきます。

【ワークライフバランスの考え方】個人の自己実現と企業の持続的発展を目指して

1

積水化学グループでは、ワークライフバランスは「個人の自己実現」と「企業の持続的発展」を同時に実現するために重要であると捉えています。

仕事における責任をきちんと果たした上で、仕事以外での学びや経験、価値観を積極的に獲得し、これまでとは違う視点から考えて、付加価値のある成果を生み出していくサイクルを目指しています。

2015年度は、就業時間の適正化やメリハリのある働き方のために、残業事前申請制、ノー残業デーの実施、有給休暇取得促進キャンペーンなどを実施しました。

また、ワークライフバランスの浸透のために、5月と11月のワークライフバランス月間には、ポスター掲示、「ワークライフバランス度チェック」実施の奨励などを行いました。 

 

 

 

【両立支援:育児・介護支援】ライフステージの変化を積極的にサポート

従業員が仕事とライフステージごとの責任を円滑に果たせるよう支援しています。

育児や介護を担う従業員がより柔軟に働くことを支援する積立休暇の時間単位取得では、男性の利用者も増えてきています。

結婚による同居や配偶者の転勤帯同、介護等のライフイベントのために退職した従業員を対象としたキャリアリターン制度では、退職後のキャリアの選択肢を増やす支援を行っています。

育児両立支援では、制度整備に加えて、保育園の選び方や育児休職後の復帰準備、制度を利用した円滑な両立事例等をまとめたガイドブックや先輩ワーキングマザーの経験談をイントラネットに掲載しています。

また、ガイドブックやグループ報には男性従業員の育児両立事例も掲載し、男性の育児参加も積極的に促しています。

なお、積水化学単体で2015年度中に復帰時期を迎えた育児休職取得者の復職率は100%でした。

また、2014年度に育児休職より復帰した従業員の1年後定着率も100%となっています。 

【高年齢者の活躍推進】65歳現役を見据えた取り組みを強化

1993年度から定年後の再雇用制度を導入し、2006年度からはグループ各社にも展開を進めています。

65歳まで充実感を持って活き活きと働き続けるための新たな取り組みとして、定年後のキャリアを考える「57歳研修」を実施しています。

また、積水化学では、一層のやりがい・働きがいを醸成する為、2015年10月に高年齢者再雇用関連諸制度(シニアエキスパート制度)を改訂・実施しました。

グループ全体で65歳まで働き続けるための制度整備を完了させており、希望者は全員継続または再雇用される仕組みです。 

山陰セキスイ商事株式会社は積水化学工業株式会社の100%出資会社であり、「建築・土木分野」「その他産業材料分野」「住宅設備製品分野」において積水化学工業製品をはじめとして各種主要住宅設備メーカー製品も取り扱っています。
管材 健材 化成品 水まわり